無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

T M H R .



You 『 』
TMHR 【 】











『 わわわわわわたし!? 』


「 おお、どうだ? 」


『 え、むむむむ無理です ! 』


( ええ!村下さんが いいと思いまーす )


『 ええ … 』








いま 学級委員 を 決めてます …


それで なぜか わたしに みんな させようとします …


どうせ みーんな 学級委員 が

めんどくさいからだろうけど










「 よし、じゃあ 村下、いいか? 」


『 … は、はい … 』


( よし!村下!ありがとう ! )






とほほ … 泣

なんで 、




クラス変わって 生活も変わったな ~


友だちは 隣のクラスにいるし …


わたし ひとり … 笑



















「 じゃあ 村下 、今日 昼休み 頼むぞ 」


『 は、はい 』






なんとなーくでもなく

やりたいからでもなく

何もしないで ただ教室の片隅に いたかった 。

でも 学級委員 とか 任せられたら …

地味に … こなせるよね 、!



















































昼休み











































カチャッ




『 あれ … あかない、 』




鍵がまだあいてないみたい

借りに行こう





































































『 鍵鍵 … 』


【 あの!すみません! 】


『 あ、は、は、は、はい! 』


【 鍵なら … 僕が持ってるよ? 笑 】


『 そ、そーだったんですね! 』


【 じゃあ 君も 学級委員 ? 】


『 そーなんです 』


【 へえ ~ ! あ、一緒行こ 】



『 あ、は、は、はい! 』












この人誰なのかな … ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る