無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

R Y S .

You 『 』
RYS 【 】







( あ 、まって 今日やん )


( ありがとう 、お返しあげるな )


( なに 練習 してんの 笑 )


( いや 、貰った時の返事 ? )






























『 おはよ っ 』


「 お !おはよう ! 」


『 あ!はいっ! 先に あげとくね ? 』


「 あ!ありがとう!じゃあ 、、はい! 」


『 ありがとう っ 』


「 あれえ 〜 ? あなたさん 今年はあげないのおー? 」


『 ふえっ…?! /// 』


「 ふふふ 〜 笑 まあ どうなろうと わたしは 展開が見えてるよお ー? 笑 」


『 っ … /// あ 、げますう 〜 !! /// 』


「 おお! もちろん? 」


『 ほ、んめい ね … /// 』


「 よしっ!頑張れ !! 」


『 そ、そういう なゆ は あげないの? 』


「 あ 、中間くん ? 」


『 そう 、 クラス同じでしょ? 』


「 んー 余ったら あげよっかな 」


『 余らせろお!! 』


「 や、やだね 〜 // 」


『 ふふふっ 笑 頑張ってね 』
























































( あなた あなた あなた !! )


『 おお 、どうした こたき 。』






この人は わたしの 住む マンションの

右隣の住人 。 小瀧望 。

ひとりめの 幼なじみ でっす 。





( どうしたちゃうの! 今日何の日 っ! )


『 今日は 〜 のぞむのひ? 』


( まあ!ある意味正解 !はい 、くれ )


『 はいはい 、あげますよ ー だ 』


( 毎年 あなたのだけが 美味しいんよなあ 〜 ♡ )


『 というか 食べたでしょ ? 』


( いえい 、ばれたか )


『 きみ わたしの部屋から侵入したよね 』




ベランダ近すぎなので


侵入されても おかしくないんですよ 。


まあ これ 保育園の頃から 続けてるが 。








( ははは 〜 知らねえよっ )


『 よし、じゃあ これは だいきに … 』


( ごめんなさい 、ください )


『 んふふふ 笑 はいっ 笑 いつもありがと 』


( やったあ 〜 ♡♡ 大切やから 食べんどこ )


『 おい 』


( ごっめんなさぁいっ )


『 よし 、だいきは? 』


( あ 、あ 、あそこです 。 )


『 あ 、一緒来てきて 』


( 一生ついてく )


『 気持ち悪いよ 、それは 』


【 くれ 】


『 あって第一声 それか 』





こいつは 重岡大毅 。


この子は わたしの 左横の 住民さん 。


こいつも また せからしい 幼なじみで 。







【 くれくれくれくれくれ 】


『 あ 、これ?ほしいの? 』


【 ほしい 。はよ くれ 】


『 あ 、 ちょっと 時間ないし 、はい 』


【 うっひゃあ 〜 ♡♡ ありがとう っ 】


『 いえいえっ 』


【 じゃあ これは 飾っとこ 】


『 お前もか 』


【 と、隣の家だからって しし、侵入して食べたりしてないし 〜 】


『 あ!だいきか!? チョコひと袋 なくなってたの!!! 』






こいつもまた 侵入したんかよ 。







( おーまーえー … )


【 あっひゃあ 、ばれたか 】


( まてえ! 泥棒! )


【 ぎゃああああああ !! 】






























『 よし 、じゃあ いくか 』


























本命を 渡しに 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る