無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

N Z M .






『 ええ!そうゆう理由!?w』


【 おんw まあ 仕方ないって感じ w】








のぞむ は 今日 わたしとも 幼なじみ の


かみちゃん と 出掛ける つもりやったんやて



そしたら あっちが 用事入ったらしく 笑











『 やからって うちに なぜくる w 』


【 んー Xmas だから?w 】


『 それ どゆこと ?? 』





そう わたしが いうと


わたしの 体が ぎゅ っと 大きな腕の中 に


あるのが わかった



それと 同時 に のぞむの 顔が 近づいてきて


唇 に ふわっ と 柔らかいもの が 触れた













『 っ!?//// 』


【 こーゆーことw 】















それから 毎年 の Xmas は


とっても 大切な 記念日 に なりました .





- F I N -





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る