無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

J Y T .





『 え、あの、その 』



【 わかったな 、? 】



淳太って人が そう言うと

悲鳴など グチグチ文句だの 色々聞こえてくる




【 ちょっとこい 】((小声



『 あ、ちょっ … !! 』






手首を引っ張られ 連れてこられたのは


恋愛ドラマなどで あるあるな 屋上 。






【 はあ ~ … 助かった 】



『 あのっ!ど、どうして … ?? 』



【 あ、俺の女ってやつ? 】


『 は、はい 』


【 女子どもが近づいてくるのがウザくて 、、ほんでどうしたら近づいてこーへんか考えたら 彼女とかおれば近づいてこーへんと思ってたら お前が目に入って お前を彼女ということにした 】


『 じゃあ 要するに女子が近づいてくるのを防ぐためってことですね … 』



【 おん、その通り 】



『 え、それって 今日だけですよね … ?? 』



【 いいや 、ずっと 】



『 え、えええええええええ !? 』



【 拒否権なしね 】



『 は、あの 、え 、? 』



【 おい 、はい は? 】



『 は 、はい … 』




【 ふふっ よろしくね 、俺の(仮)彼女の奴隷ちゃん っ 】







そういい ニヤリと 笑ったのは

きっと 気のせいだろう 。












- F I N -

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る