無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

@3
ガラガラッ、

久々の学校に遅刻しそうになって、勢いよく開けたトビラ、

みんながそのトビラに注目した、

うっわ、はず、、
隣の空月奈は、そう思っているだろう。だが我にそんな暇は、ない、←なんじゃこりゃ、作者

妃『ヒャッホーウ!!!!!!!!!!』


妃『お久しぶりでーす!』

空『ばか、』

妃『ほぇ?』

空『伊野尾くんみたいな返事しないの、バシンッ、(強め』

妃『いったぁぁぁぁぁい!!!!!』

空『早く入れ、!ばか、』

妃『あ、はい。さーせん、』

担『おぉ、妃野夢!久々だな、』

妃『スルー)席どこ〜?』

担『チーン、、』

零『あなた!ここ!』

妃『お!零ちゃんの隣!!』

零『静かにしてね?楽屋やないんやから、w』

妃『はーい、』

この子は、天美夜零羅、あまみやれいらって読むんよ!珍しいなぁ、←貴方もね、 佐藤
でね!関西人やねん!めっちゃ可愛い💕←あなたもね! マリウス
まぁ、さて置き、授業、、始まってるやん!?!?←いや、気付け、  空月奈
担『じゃあ、これを解いてくれ』

妃『はぁい!』

担『はい、妃野夢!』

妃『天皇!!!!!』

優『それ社会な、』

ちっ、優綺め、あ、この人はね、
上野山優綺って言って、うえのやまゆうきで馬鹿みたいに頭いいの。漫画で言うガリ勉君みたいな、←俺べんきょーしねーわ、 優綺

妃『じゃあ、水酸化ナトリウム水溶 液』

なげーな、←じゃあ言うなよ、w 中島

空『それ理科。』

あ、今国語なんだ。。なんで理科じゃないのさ、←


妃『サッ。(座る。』


零『分かんなかったの?w    』

妃『、、、』(チーーン( ˙-˙ ))

零『あなた、しかもさ、時計見てみ?あと、ケータイ、』

妃『ケータイの画面を付ける)
んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!』

零『んで、時計。』

妃『あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!』

うるさいうるさい。←

妃『せんせー!帰る!!!!!!』



やっばぁぁぁぁぁい!今日ってさ、今日って!ドラマの撮影じゃねぇぇぇかよ!!!!!!なんで?ねぇなんで!!←

零『www www www www 』

空、優『ばかじゃん。』

妃『ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!』(ダッシュ(ドテッ。

妃『いったぁぁぁぁぁい!!!!!』

(学校を出る

もう!なんでこうなんのぉぉぉぉぉぉ!!!!!










はぁぁぁぁぁぁい。こんばんわ!
みくです!今日は、久々の更新になってごめんなさい!最近色々あって、。

次は、ドラマのところに移ります〜



ジャーニー!!!!!👋