無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9



雛乃side





『紫耀、くん、?』


平野「教室、」


『え、?』


平野「戻らなくていいの?笑」


『あぁ!そ、それじゃあ、!』






























































しょう、って、紫耀くん、?


名前、一緒だったし、


ううん、絶対違うよ


だって紫耀くんは、海外に引っ越したんだもん


紫耀くんが引っ越したあと、


お母さんにそう教えてもらった、
















































だからあの人は、














































































私の知ってる紫耀くんじゃない__






NEXT