無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11


雛乃side






『あ、虹、』



























































授業中、虹を見つけた


きっと平野先輩も来るよね





























































チャイムとともに教室を飛び出し


いつもの場所へ向かった




















































































平野「あ、あなたちゃん!」


『平野先輩!』


平野「今日の虹も綺麗だね」


『そうですね』


平野「あなたちゃんさ、」


『はい』


平野「好きな人って、いる?」


『ぇ、えっと、い、いないです、』


平野「そうなんだ」














































































































































心臓が ドクンッ とはねた


顔があつい


ばくばくする心臓を落ち着かせるように


私は深呼吸をした






































































































































永瀬「 、、、」























































































































誰かから熱い視線を送られてることも気づかずに、






NEXT