無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5


雛乃side






平野「あなた!」


『しょーくん!どうしたの?』


平野「空見て!」


『空、?わぁぁ、きれ〜!』


平野「でしょ!これは 虹 って言うんだよ!」


『虹?』


平野「うん!」


『すごぉい、きれぇ!』



















































































































『ん、、、 夢、?』






















































































朝起きると頬が濡れていた


























































































































目覚ましよりも早く起きて見上げた空は


雨が降っていた___






NEXT