無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3


雛乃side






あー1日長かったぁ!!

あと廉がうざかった←





























永瀬「あなた〜、一緒に帰らへん?」


『丁重にお断りします』←


永瀬「えぇー」


岸「いた!廉3組だったんだ!」


永瀬「お、優太!
俺のクラス知らなかったん?笑」


岸「うん!」


永瀬「笑 優太2組やろ?」


岸「なんで知ってんの?!」


永瀬「なんで知らないと思っとたん?笑」


岸「あはは そーだ、一緒に帰ろ」


永瀬「わかった」


永瀬「あなた、俺優太と帰るな、また明日」


『うん、ばいばい』


























優太って確か、中学のとき廉と同じ部活だった、岸優太くんだよね?




廉がよく「優太が〜」って言ってたし





















よし、私も帰ろ























































「しょうくんかっこいい!」



















































しょう、?








































ヒラノ「そんなことないよ笑」


「ヒラノくん、今日部活あるの?」


ヒラノ「うん、あるよ!」


「そっかぁー」


「部活見に行ってもいい?」


ヒラノ「うん!」





















































人違い、かな、?


すごく、かっこいいし、



ちょっと女たらしっぽい?笑












でも、あの人、優しそうだったな、












紫耀くんと雰囲気が似てる













































胸がちくりと痛くなったのは、

























きっと気のせい___






NEXT






最初 学校行って
次 席隣だーってなって
いきなり放課後?!ってなりますよね、

作者もなりました←

ごめんなさい💦


岸くんのことみんな岸くんって呼んでるのに
れんれんは優太って呼んでますよね!

#きてぃれん尊い