無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2


雛乃side






永瀬「よろしくな」

























あの、なんでこいつが隣なんですか?



































永瀬「そりゃ な行 と は行 だからやろ」


『あら、聞こえてた?』


永瀬「ばりばり聞こえてたで」


永瀬「てかさ、俺らってすごくね?」


『はぁ、なにが?』


永瀬「小3からずっと同じクラスやん」


『はいはいそーですね(棒)』


永瀬「こーれは運命的な恋煩い」←


『黙れ』


永瀬「()」




























ほんと嫌になっちゃう、




はやくクラス替えしたいなぁ←






NEXT