無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

7



雛乃side






「あ、雨やんでる!」


「ほんとだ〜虹でてる〜」




































ガタッ ←椅子を引く音







































私は教室を飛び出した















































3階と4階の階段の踊り場に向かう


前そこで空を見た時すごく綺麗だったから


虹がでたらもっと綺麗なんだろうなって思って













































『わっ、きれぇ』









































その虹は本当に綺麗で


あの日、初めて見た虹に似てて


少し苦しくなった











































『もうちょっとで消えちゃう、』


「じゃああの虹がきえたら、流れ星を探そうよ」


『え、?』










































そこには、こないだ見かけた


ヒラノさんがいた






NEXT