プリ小説

第5話

嫌な朝
昨日の夜私は、寝られなかった。
泣きじゃくった
葵
ああ今日は学校行きたくない
私は仕方なく起きて鏡で顔を見ると目の下が凄く腫れていた
葵
もう最悪
葵の母
葵~早くしないと学校遅れるわよ~
葵
今日はしんどいから学校休むー
葵の母
わかったわ
葵
:(はぁ つい休んでしまった。今日は、仕方がないだって廉には会いたくないから。勇太には言っておこう)


LINE
勇太 葵
葵
勇太私今日は学校休むね😃
勇太
勇太
大丈夫か?
葵
うん
まあ色々
勇太
勇太
まあいいや
今日は休んどけ❗
葵
ありがとう😆💕✨




学校では
廉
おはよう☀
勇太
勇太
おは☀
廉
今日葵は?
勇太
勇太
休むらしい
廉
へー
勇太
勇太
お前何か知ってるか?
廉
まあ色々
勇太
勇太
葵も言ってたぞそれ笑
何があったか言え
廉
わかった
(全部昨日の事話した)
勇太
勇太
お前それ聞いてどう思った?
廉
何か胸が苦しくなった
廉
でも俺が好きなのは亜香里さんだ!初めて会った時亜香里さんを見るとドキッとしたんだ。この前も会った時亜香里さんを見ると綺麗だなと思った。だから俺は亜香里さんが好きなんだ!!
勇太
勇太
お前本当にバカだな😠😠
廉
勇太
勇太
葵は俺が守る!!!
廉
(ヅキッ 何だこれは)
勇太
勇太
(今日の帰り葵に会わないと!そこで告ろう!!!)
帰り
先生
今日はこれで終わりだーきよつけて帰れよ!
クラス
はい。
ダッシュ
勇太
勇太
(俺は走った走って走りまくった。すると葵の家に着いた)
ピンポーン
葵の母
はーい!
ガチャ
葵の母
あら勇太君カッコ良くなったわねどうぞ葵なら部屋に居るわよ😊
勇太
勇太
ありがとうございます
コンコン
葵
はい
勇太
勇太
葵俺だ勇太だ入っても良いか?
葵
うん
ガチャ
勇太
勇太
(入ると葵の目の下が凄く腫れていた。すると気づいたら俺は葵を抱き締めていた)
葵
(入って来たのは勇太だった。するといきなり勇太が私を抱き締められていた)
葵
え!何で!!
勇太
勇太
あっ!ごめん🙇
葵
ううん
葵
で、何で今日は家に来たの?
勇太
勇太
あ、うん。昨日の廉との話聞いた!
葵
そうなんだ😢
勇太
勇太
葵無理しないで泣いて良いんだよ😆
葵
ありがとう勇太ーー
勇太
勇太
ハイハイ✨
勇太
勇太
あ!葵今日はもう一つ言いに来た
葵
何?
勇太
勇太
俺葵が好きだ!会った時からだから廉の事忘れなくて良いだから今は、俺と付き合ってすださい!!!!
葵
え!
葵
廉の事忘れなくて良いの?
勇太
勇太
おう!そのうちに俺の事惚れさせてやるよ!😆😆😆
葵
じゃあ、こんな私で良かったら宜しくお願いします😭✨
勇太
勇太
やった!!
じゃあ言いたい事は言ったからまた明日!あ!明日の朝は迎えに来るからな😘
葵
うん。ありがとう😆💕✨
勇太
勇太
じゃあまた明日
葵
バイバイ
私は廉の事を忘れる事にした。
だって廉はお姉ちゃんが好きで、お姉ちゃんは廉が好きだから廉を思うのが辛くなる前のに忘れる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

瑠唯
瑠唯
よろしくお願いします