無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

病院
私達は救急車で運ばれた勇太の病院へと向かった
病院に向かっている時廉が、ずっと私の震える手を握ってくれていた
葵
(勇太勇太お願い助かって)
廉
葵大丈夫やで!勇太は、強いだからあいつを信じようや!
葵
う、うん
病院に着いた
今勇太は、手術を受けている
数分後先生が出て来た
病院の先生
勇太さんのお友達ですか?
廉
はい
先生勇太はどうなんでるすか?
病院の先生
はい。
命は救えました。
でも、記憶の一部が消えているかも知れません
葵
そんな、私のせいで勇太もこんな目に
廉
大丈夫やから、とりあえず勇太の所行こう
葵
うん
勇太の病室の前に来た
ガチャ
入ると勇太は、微笑んでくれた
葵
勇太😭
勇太
勇太
ゴメンな心配かけて
廉
良かったな葵
葵
うん😭
廉
勇太、どうや?体
勇太
勇太
痛い
廉
そうか。勇太今から言う事に答えてな
勇太
勇太
うん
廉
お前今何歳や?
勇太
勇太
17歳
廉
俺らの名前と関係は?
勇太
勇太
廉と葵、関係は幼なじみ
葵
覚えてる
廉
あぁ、でも何で刺されたかわかるか?
勇太
勇太
???
廉
やっぱりな
廉
学校の事全部忘れてる
勇太
勇太
何で俺刺されたの?
葵
それは!
廉
葵、言わんほうがええ
葵
っ!でも!
勇太
勇太
教えてや!
廉
勇太、今の勇太にわ言われへん
廉
ゴメン
勇太
勇太
そうなんだ










何だろ?勇太が学校の事覚えてないのが少し嬉しかった。