プリ小説

第17話

朝🌄
私達はいつもの晴れた朝ではなく暗い雨の日を迎えた。それは私の気持ちのようだった
葵
葵
おはよう
廉
廉
おはよう!
葵
葵
今から朝ご飯作ってくるね
廉
廉
うん
廉
廉
(何か今日の葵元気ないな)
廉
廉
なあ葵何か今日元気ない?
葵
葵
うん。ちょっとね
廉
廉
何や言ってみ
葵
葵
まあ女子1に会うのが怖いだけかなー
廉
廉
そうやんなでも、何かあったら俺が助けるから
葵
葵
うん!ありがとう
廉
廉
全然
(昨日の事勇太に言をうかな)
メール
勇太 廉
廉
廉
勇太!言うの遅かったんやけど昨日いきなり葵が、学校からいいひんくなった理由分かった!
勇太
勇太
おいおい😊まずはおはよう☀🙋❗だろ!
廉
廉
おはよう
廉
廉
お前女子1と今すぐ別れろ!
勇太
勇太
何で?それじぁあ葵が!
廉
廉
女子1わ約束を破ったんだよ!
勇太
勇太
は?葵は大丈夫なんか?
廉
廉
うん!でも葵の後輩がかばったらしくてそいつ今入院中なんや
勇太
勇太
まず、何があった?
廉
廉
カッターナイフで葵を刺そうとしよったんや
勇太
勇太
はあああああああああーーーーーー
廉
廉
お前落ち着け
廉
廉
だから葵が今日学校あったら女子1の事校長先生に話すらしいんや、でも葵正直言って怖がってるんや!だから葵を俺達で守らんとあかんのや!
勇太
勇太
わかった
廉
廉
じゃあ学校で!
勇太
勇太
おう!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

瑠唯
瑠唯
よろしくお願いします