無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀濵田崇裕 Part1
私には彼氏がいる。


彼氏の名前は濵田崇裕。
そして私達はもうそろそろ結婚式を挙げる。
でも、私には崇裕に言ってないことがある。
それは、
病気を持っていること、


もうあまり長く生きられないこと。
多分、言ったら絶対めっちゃ心配するだろう


し、迷惑かけるから、
濵田崇裕
明後日結婚式やん!?
you
そーよ(笑)
濵田崇裕
めっちゃ緊張するねんけど、
you
こっちもよ(笑)てか緊張せん人おらんやろ
濵田崇裕
そーやな(笑)
次の日
濵田崇裕
明日やー!
you
そーやねー(笑)
濵田崇裕
やばい……
you
落ち着きや、1回(笑)
濵田崇裕
おん(笑)じゃあ今日仕事頑張って行ってくるわ
you
うん!いってらっしゃい!
崇裕が仕事に行き、
you
はぁー、明日かー結婚式、
you
緊張するの崇裕だけじゃないわ(笑) 
やっぱこっちも緊張するー
you
てか、崇裕に病気のことそろそろ言わんとな、
you
なんて伝えよか…、
you
ッ…
you
(やばいッ、なんか苦しいッ)
you
ウッ…
you
やばいッ…無理ッ……
私はその場で倒れ意識が遠のいた。



































。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *
?
ぃ、
?
あなた、
you
(ん?誰か、こっちのこと、呼んどる、?)
?
あなた、
目を開けてみると、
?
あなたッ!
you
崇…裕…?
濵田崇裕
そーや!
you
どうしたの…、
てか、ここどこ…?
濵田崇裕
ここは病院や!
俺が家に帰ったらリビングのところに倒れとったんやぞ?!
you
え…
濵田崇裕
めっちゃ心配したんやぞ!?
you
ごめん、
濵田崇裕
あと、あなた俺に隠しとることあるやろ、
you
え、なんのこと…
濵田崇裕
じゃあなんで倒れたん?
you
あ、いや、その、
濵田崇裕
ちゃんといいや?
you
わかった、私、病気持ってるの、
濵田崇裕
そーなんや、
you
だから倒れたの、
どれくらい病気が進行してるかは私もわからなかった、
濵田崇裕
…
病院の先生
あなたさんちょっといいですか?
you
はい。
崇裕はちょっと待っといて、
濵田崇裕
え、
you
ちゃんと後で話すから、




























































✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

その後、先生に言われたのは、

意外と病気の進行が早く、もういつ危ない状態

になってもおかしくない。

っていうか、寿命0

ちゃんと言うと、もう死んでもおかしくない。

入院した方がいいけど、明日結婚式やし、

入院しない選択を選んだ。

このことは崇裕には言えない。
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
濵田崇裕
どうやった?
you
え、あ、えっと、あ大丈夫だって!
今回はちょっと前から私体調あんまり良くなかったからそのせいだって、病気は関係ないって!
濵田崇裕
なら良かったんやけど、
you
もう帰れるし、明日予定通り結婚式出来るで!
濵田崇裕
そーなん?ならええんやけど、
you
じゃあ帰ろ?
濵田崇裕
うん、
























ー崇裕Sideー
あなたは、なんか隠してる、

大丈夫じゃないような気がする、

まあ、ここはあなたを信じよか、































--------キリトリ線--------
短編じゃなくてすいません!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

K
K
話の意味がわからなかったりしたらすいません! ジャニオタですー笑 あと、関西弁はエセです たまにはいっている伊予弁はガチのヤツですw
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る