無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

#





















ー アンタには、関係ない!! ー




























あの時、なんでみくるがああ冷たくあたったのか、わかる気がするんだ…… ー

































ー 小学のころから、ずっと謝りたかった……
はやく、お前と仲直りしたいって、ずっと思ってた…… ー








































ー みくるがずっと苦しんでたことも知ってたんだ…… ー






































でも、気付かないふりをした……



































いつもいつも、みくるは強くて、冷静で、しっかりしてて、俺の憧れだったから ー


























でも、そうだったな……

































そうだったよな…… ー



































お前、昔から、素直じゃなかったもんな…… ー























本当は、すげぇ弱いのに、助けて欲しいのに












強がって、強がって、みんなの前では弱いとこひとつ見せなくて、






人のことばっかりで…… ー












































































だから、もう気にしてねーんじゃないかなって


思ったりもしてしまったんだ……































だから、あの時、創の前でみくるが泣いてた時、













すげぇ、 不安になったんだ ー


































普段、強がってばっかいるあいつが……








































なんかあったのかって…… ー



































創の前で、なんで泣いてんだって……







































よくわかんねぇーんだ、自分でも……















































































ただ、俺は……お前との…… ー










































ッッ……


























































next