無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

#



ひょこ!!!









陽太の背後から顔を出したのはみゆだった











みゆ
みゆ
みくるちゃん、陽ちゃんと何話してるのォ?
みゆ
みゆ
良かったら、私も混ぜて欲しいな♡












ー 陽ちゃん!? ー










陽太
陽太
みゆ……俺のその呼び方……












陽太は後ろを振り向くと、






















みゆは、あの時と同じ悲しい顔をしていた


















ー私、一人なの……!!ー











陽太
陽太
…………









陽太は何も言うことが出来なかった















みくる
みくる
……私、まだ痛むから保健室いってくる……













🚪ガラ……バタン
















みゆ
みゆ
あれ?なんででてっちゃったのかな……
それより、またみんなで遊びたいな(●︎´▽︎`●︎)
陽太
陽太
………………ああ……













時
ちょっ!まって、みくる、
俺も行く!













時は教室を出る前に、一瞬陽太を睨んでから出ていった











みゆ
みゆ
……(●´ω`●)
陽太
陽太
…………