無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

#





































┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






その日の夜……
























みくる
みくる
ま、私料理すごかったからねー
みくる
みくる
当然、当然
時ママ
時ママ
ふん、あんなの偶然でしょ
時ママ
時ママ
準優勝だし
みくる
みくる
あ、ねえねえこの肉も食べたい
時ママ
時ママ
……IIお好きにどーぞ……





























みくるたちはみくるが勝ったら極上肉を食べれるという約束で焼肉店に来ていた


















みくる
みくる
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
みくる
みくる
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
みくる
みくる
(*´⚰︎`*)💕
時ママ
時ママ
……l|l||l















時ママ
時ママ
時がね……
時ママ
時ママ
あなたのこと必死にかばってたの……
みくる
みくる
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹……
みくる
みくる
(ノд-`)……(あいつ……)






















みくるは顔を手で抑える












体育館でのあの時のことだ















時ママ
時ママ
あれ、本当は時のことをかばってくれていたの……?













時ママ
時ママ
そうだとしたら、ありがt……
みくる
みくる
勘違いしないで
みくる
みくる
だいたいあんたの子供をかばったつもりないし、
みくる
みくる
あっちが勝手にいっているだけよ
時ママ
時ママ
…………




















時ママ
時ママ
……ええ……



















みくる
みくる
バクバク……ガツガツ🍖


























































ー ありがとう …… ー