無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

#
































🏠 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈home
























シャカシャカシャカシャカ……



















みくるは、料理コンテストにむけて料理を練習
していた

























ガタッッ




















みくる
みくる
……
みくる
みくる
ハア……






















どうも今日は気が向かない








陽太とのことがあったからだろうか















ー 『え!みくるちゃん、ハンバーグつくれるの!?』












ー『わあ、!すごい!!(●︎´▽︎`●︎)』

















みくる
みくる
……











タッ
















ペタペタ……












ー 『な、なにか手伝おっかー?』














ジュー











 




ー 『 んー。いいにおい』














コト……
















ー 『本当にみくるちゃんが作ったんだ!!
美味しそー!!』




















みくる
みくる
パク……








パク……











ー 『おいひー!♡』




















みくる
みくる
……( ˊᵕˋ )
















ー いつのまにか、自分らしさ失ってた… ー
















みくる
みくる
ごちそうさま



































自分をつらぬくの ー

























誰かを傷つかせてしまうことでも







































自分自身を苦しませてしまうことでも…… ー

































これ以上、弱いままの自分で生きたくないから  ー



















































強くなりたいから…… ー



















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈









『ヴヴ……ナナコ!!』






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

































あの時、泣くことしかできなかった………



































もう……あの時みたいに泣くことしかできない
自分でいたくない……






















































守りたい……





















































次こそは、守ってみせるから…… ー