無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










放課後 ー























くるみ
くるみ
……ねえ、みくる……















みくる
みくる
んー?
みくる
みくる
あ、そういえば今日のくるみのお母さんのハンバーグおいしかった(●︎´▽︎`●︎)
みくる
みくる
私も一応、ハンバーグが得意料理だけど、くるみのお母さんには勝てないわ(´∇`)




……









くるみ
くるみ
…………(._.)















みくる
みくる
……なにかあった?
くるみ
くるみ
……
くるみ
くるみ
……なんで、みくる泣いてたの……
みくる
みくる
……ああ……
みくる
みくる
ちょっと、昔のこと思い出しちゃっただけよ
びっくりした?私が、泣くなんて(´∇`)
てか、気づいてたのね










くるみ
くるみ
そんなの……誰でもきづくよ……
みくる
みくる
……
みくる
みくる
どうしたの……?
くるみ
くるみ
みくる……もしかしてみくるの彼氏は創になっちゃうかもね!

今思えば、創とみくるってお似合いだしっ!!
ほらほら、もうもしかしたら両思いだったり!?
みくる
みくる
……
くるみ
くるみ
ッッー……!!
まあ、おめでとーって感じ?!
私も2人がくっつく予感はしてたんだよね〜!









くるみは、どんどん早口になっていく











くるみ
くるみ
あっっ、じゃあ、また明日〜!










タタッ……














みくる
みくる
…………

































みくる
みくる
くるみ、自分で自分の気持ちに気づけられるかしら……































































ー はあ、創…… ー


















































































































ー アンタが、苦労する理由もわかる……💧 ー