無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

#
くるみ
くるみ
みくるー、跳び箱やったことあるー?
みくる
みくる
聞いたことはあるわ。跳べばいいんでしょ?
くるみ
くるみ
じゃ、3段からやってみてー
みくる
みくる
ハァー?私舐めてんの?3段なんて甘っちょろい……
くるみ
くるみ
(;´・∀・)/まぁまぁ、スキンシップと思って跳んでみてよ
みくる
みくる
ったく……しょうがないわね……














みくるは後ろに下がり、3段の跳び箱めがけて、走り出す














みくる
みくる
やぁぁー!!!
くるみ
くるみ
いけー!!!











ズルッ







みくる
みくる
あら?












ドンガラガッシャーン!!














くるみ
くるみ
!!みくるぅぅっっ!
陽太
陽太
こんなことだと、思った……💧(ノд-`)
創
ーっククッッ!!クククッッ……!!

笑いを抑えるのに必死
陽太
陽太
おい創!笑いすぎだ……!(--;)












3段全部倒れ、みくるはその下敷きにされている









みくる
みくる
ゔ……お、おかしいわね……
くるみ
くるみ
みくる……1段から、はじめよっか、
みくる
みくる
そんな必要はないわ!4段よ!
くるみ
くるみ
!!4段〜!?








ダダっ……!










みくる
みくる
やぁぁぁぁあ!!!
くるみ
くるみ
がんばっt………
ドンガラガッシャーン!!





・、








創
くーっっっククッッくーっっー!
陽太
陽太
あいつ、アホか……💧
クラスメイト
先生ー、あっちうるさいでーす














先生
ハア…………💧