無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第81話

#














ー 今までずっとごめんな……ー













みくる
みくる
……ボロボロ……


















ー ちがう……


































ー 私が描いたのはこんな光景じゃない……


























ー 謝ってほしかったんじゃない……






























ー ちがう…… ー















陽太
陽太
















ぎゅう…服をつかむ




















みくる
みくる
ムリ……
みくる
みくる
あっなたを、憎んでたっときッ……
みくる
みくる
どんなに憎んでた時も
みくる
みくる
わッ忘れられなかった…







ぎゅう…










陽太
陽太
…………
みくる
みくる
なんでか分かる?











みくる
みくる
好きだから……











ポロポロ










陽太
陽太
ッッッ……!
みくる
みくる
好きじゃないって言い聞かせてもダメなの……ッッッ!









どんな傷つくことを言われても、

他に好きな女の子がいたとしても、




































忘れられなかった……





























ずっと、ずっと、心のどこかでまだ諦められていなかった……




























それぐらい、私はあなたのことが好きだったんだよ…… ー



















みくる
みくる
ポロポロ……
みくる
みくる
うわ、涙止まんない……










陽太
陽太
……ハア……/////💧
陽太
陽太
なんで……
陽太
陽太
なんで、みくるをここにわざわざ連れてきたか分かる?
みくる
みくる
理由……?
陽太
陽太
……/////💧 (´-ω-`;)ゞポリポリ













陽太
陽太
時にとられたくなかったから









………………













みくる
みくる
????💧
陽太
陽太
ハァ〜💧/////
陽太
陽太
だから
陽太
陽太
お前のこと小一の時からずっと好きだったってことだよ









みくる
みくる
うっ、うっ、ッッッ



『…………みく……る』































ー あの時から…ずっと……

















陽太
陽太
誰にもみくるを取られたくない











みくるの目からは涙が溢れ出す














ー こんなに













ー こんなに













ー 好きだって思える人がいたなんて……













みくる
みくる
……自分が許せないんでしょ
みくる
みくる
私が許しても自分が許せない。……なら
みくる
みくる
私を今から幸せにしてみなさいよ
みくる
みくる
あの時、私を泣かせて悲しんだ分、


























みくる
みくる
幸せにして……













陽太
陽太
ーっ
陽太
陽太
ああ……そうする……












陽太はみくるがポニーテールで結んでいる髪をほどく

















ファサァ……













みくる
みくる













くくっていたリボンをみくるの指に結ぶ













キュュッ































陽太
陽太
ちかうよ……
 
















その時、風でみくるのながい髪とリボンがなびいた

















みくる
みくる
ポロポロ……ッッッ






















みくる
みくる
…………ええッッッ!!



















ずっと、ずっと実らなかったこの恋……















あの時、勇気をだして陽太に伝えたことも、













このことが原因で、ナナコと別れてしまったことも……















































今はもう……後悔してない……











こんなにも、















こんなにも大きく実ったのは……


















きっとあなたぐらいしかいない……







































世界はあなた色に染まるからー ……