無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

#

















それから20分後……
























くるみ
くるみ
みくる遅いなぁ……
















もう撮影まで10分しかない






















創
あ、陽太
陽太
陽太
おっす
みゆ
みゆ
あ、創君ヤホーヽ(*´∀`)ノ
創
おっそいな、ここ空いてるよ


無視
陽太
陽太
いいよ、後ろに悪い
創
……前、座りなよ……
陽太
陽太
なんで
創
……なんでも
みゆ
みゆ
……
みゆ
みゆ
さーんせい!♡
陽ちゃん、1番前の席行こ!
陽太
陽太
……はぁ、分かったよ……









そうして、陽太達は出演者がよく見える1番前に座った










クラスメイト
時のお母さん、いつもより気合い入ってんなー
クラスメイト
な、かわええよな♡
クラスメイト
っていうか、まだみくる?
クラスメイト
そういえば、今日の主役さんまだきてねーなー
クラスメイト
時の母さんいるから、逃げたりしてな



















『本番10分前デーす』






















小さなキッチンがいくつも並んでいる所に出演者は位置に着く












時ママ
時ママ
まだこないの?みくる
時
みくる、どうしたんだろ……!


























『本番3分前でース』

















くるみ
くるみ
え!ほんとにみくるこないの!?
創
俺ちょっと探してこようか































さすがにみくるが遅く、場が騒ぐ















📷 『電話しましたが、出ません!』



















🙎‍♂️監督 『んー、机1個片付けるか?!』


























『もう少しだけまってもいいんじゃないか!?』






























『いやでも、もう間に合わない!!』
















『もう1回掛け直してみます!!』





















そんな慌ただしい声が飛び交う中、
時間は刻々とせまってくる










































59……




















『あー!やっぱり出ない!!』













42……
























『ちっ。……机1個片付けろ!』





















27……
















『ほんとに来ないのか!、?』

























26……














もうダメだ!
















こない、こない!、!













25……







もう、だめだ、もうダメだ。




























24……


















ダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダダメダ……







































くる……!!!
























あいつは、くる……!!



























🚪バン!!!!

























『ハァハァハアハア……』


















くるみ
くるみ
みく、る……
創
(ったく人騒がせだね
時
ε-(´∀`;)ホッ













陽太
陽太
……(*´罒`*)ニッ



















みくる
みくる
……遅れて、すみません‪☺︎‬