無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#








タッタッタッ……


















トットットッ……



















時
歩くの早いよ、みくる(・ω・;#)
みくる
みくる
あなたが、遅いだけじゃない?(  ー̀ ロ ー́ )














みくる
みくる
てか、なんでついてきてんのよ💢
時
🎶いいじゃん、別に〜🎵
みくる
みくる
‎ぷんぷん٩(๑`^´๑)۶💢💢
 















時
…………









時
(。´-д-)ハァー💨
……やっぱ、好きなんじゃん陽太のこと
みくる
みくる
はあ!?なんで、そーなるわけ!
 













時
だってさ








パシッ








みくる
みくる












ー 泣きそーじゃん ー











みくる
みくる
ーっっ!!


























それは、思い出したからあの時のこと…… ー














『消えろよ……』












くすくすくす……











いつだって、陽太の横にはみゆがいて ー

































いつもいつも、あの時私は、みゆがうらやましくて…… ー

























…………苦しかった……


















…………















時
……?





















ー そうよ……私が、どう思ったところでみゆの気持ちも陽太の気持ちも変わらない……





























もう、運命はわかってる……きまってるから……ー












みくる
みくる
考え事してるうちに、痛くなくなってきたわね……教室もどるわよ
時
えっ、考え事ってなんの?

















ー 変えたくても……
























私には……その勇気がないから ー














みくる
みくる
いくわよ
時
ま、ま、まって!!

















































私……



















































































ー 陽太のこと好きだったのね…… ー