無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第75話

#













五日前┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




















ピーンポーン🎶












                  『はーい』










母
ドキドキ……








ガチャ








ナナコ
ナナコ
あ、あなたは……
母
……!









13年前と全く変わらず、小柄でつぶらな瞳、
小汚く、大人っぽかった











母
え、えっと、えっと……





前、この人にあんな酷いことして、もう二度とあわないつもりだったのに……



合わせる顔がないわ……




(NANAKO26話参照 )















ナナコ
ナナコ
……( ˊᵕˋ ;)💦
ナナコ
ナナコ
なんの用でしょうか……ニコ……💦
母
……
母
……怒ってないの……?
ナナコ
ナナコ
……え……?










ナナコはきょとんとしている






私ははあんな酷いことをしたのだから
私を怒鳴りつけると承知の上で来たのだ






母
だっ、だから、あの……お、覚えているわよね……?
ナナコ
ナナコ
(   ˙-˙   )
母
用は、あの…元気にしてるかな~って見に来た~…わけでもないし、そ、その……💧
ナナコ
ナナコ
( ˙࿀˙ )





ナナコはただ口を大きく開けている








ナナコ
ナナコ
つ、つまり……?
母
あ、え、え、そのぉ……💦






貴婦人で、上品で財閥のお嬢様がこんな一面を見せるとは……











ナナコは、みくるママが可愛くなってきた









母
あ、あの時は言いすぎたかなぁと……💧
ナナコ
ナナコ
それで、なんですか?😊
母
自分が間違ったことを言ったのに気づいて、謝りたいなって……
母
ご、ごめんなさい……
ナナコ
ナナコ
それ、なんの『ごめんなさい』ですか?
母
え、だ、だからあの時言いすぎたから……!!
ナナコ
ナナコ
私は謝られる覚えがありません
たしかに、あの時奥様にこっぴどく叱られました
ナナコ
ナナコ
それで……私、もう一度考えたんです
そして、分かったことがありました
母
なん……なの……?
ナナコ
ナナコ
奥様はとてもみくるちゃんのことを愛されていたんだなって☺︎
母
!!
ナナコ
ナナコ
でも、愛すことを優先されすぎてしつけを忘れているんじゃなかったのかって……
母
あの子はいい子だったから、必要ないって思って……
ナナコ
ナナコ
はい、みくるちゃんはほんとにいい子です😊
でも、やはり親として教えられることはあるのではないでしょうか?
母
……
ナナコ
ナナコ
私が叱っていなかったら、また自殺を図ったかもしれないし、命の大切さにも気づけなかったと思うんです
たとえ、奥様に叱られることでも後悔はしていないんです
ナナコ
ナナコ
生意気な口ですみません💦
母
……
ナナコ
ナナコ
だから謝って欲しいんじゃないんです
自分でもなんですが……わかります?






next