無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第82話

#















┈┈┈┈┈そのころ、体育館では ┈┈┈

























クラスメイト
( ̄−ω− ̄)
先生
( ̄−ω− ̄)
時
はぁ……本気だったんだけどな
創
まじで本気だったの?
時
うん……(´・_・`)
みゆ
みゆ
………まぁ……
みゆ
みゆ
おめでとうって感じ?!
陽ちゃんべつに本気じゃなかったし〜、
ただの遊びだったんだよねー!
創
…………
くるみ
くるみ
…………







今、体育館ではとても空気の悪い中になっている




クラスも先生もただただ、時を見ていたり、励ましたり、陽太たちが出ていった所を見つめている











くるみ
くるみ
(やっぱり……だよね……時君はみくるのこと……。でもなんか、あんまり悲しくないかも……)
創









パシッッッ腕を掴む













くるみ
くるみ
!!??














創はくるみを引っ張り体育館を出ていく


















先生
……青春だなぁ。
クラスメイト
……












┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈












くるみ
くるみ
ちょっッッッ創!!!正気!!?ねえ、聞いてる!?ねえってばっっ









ピタ……














そこで創は足を止める












くるみ
くるみ
創💧?
創
ごめん、こんなとこ連れ出して……
陽太たちのマネするつもりはなかったんだけど……
くるみ
くるみ
??…💧
創
俺、嫌だったんだ……
ただの仲のいい幼なじみ
くるみ
くるみ
え……
創
だから、本当はくるみの恋の相談とかのるの嫌だった……
くるみ
くるみ
……笑私と幼なじみ、そんなやだったんだ……
創
ちがう。くるみ、みくるにならぶ鈍感だね
創
俺、ちっさい頃からずっとくるみに片思いしてたんだよ
くるみ
くるみ
…………
















くるみ
くるみ
え、……ええッッッ!!!!ウソだ!
……冗談だよね……?
創
冗談にしたい……?
くるみ
くるみ
(マジだ……/////💧)
創
ちっさい頃、俺弱虫でずっとくるみに守ってもらってばっかだった。
だから俺、大きくなったら次は俺がくるみを守れるようにって思ったんだ
くるみ
くるみ
創……
創
くるみが悲しんでる時、何度も告白したいって思った……けど、告白して振られた時、
一生幼なじみに戻れなくなる気がして、振られた時が怖くていえなかった……
くるみ
くるみ
そんなこと思ってたの……?
創
でも、もうハッキリするよ……
今度こそ強くなる……怖がらないよ
くるみ
くるみ
ッッッ
創
俺、くるみのことが……
くるみ
くるみ
うわぁぁあ/////!!
くるみ
くるみ
はひ!!/////あのっっえっと、その……ぉ/////
創
え……
くるみ
くるみ
♡#!%※✕☆/////










くるみの頭はこんがらがるばかりだった



















くるみ
くるみ
あー、えっと、その……‪(๑⃙⃘.๑⃙⃘)‬💦
創
はあ……💧



















コツン額をくっつける















創
くるみが好きだ……
















くるみ
くるみ
!!??!//////////











創と一気に距離が近くなる















バッッ離れる


















くるみ
くるみ
わ、わかんないよ、!!//////////(/ω\*)💧
くるみ
くるみ
自分の気持ちなんて……
創
……/////💧
創
かわいい……
くるみ
くるみ
ジュウー(//・_・//)カァ~ッ/////











創
自分のままに言ってみて
創
くるみなら出来る
くるみ
くるみ
(ドキドキ……あ……なんか落ち着いてきた……)
くるみ
くるみ
……/////
くるみ
くるみ
えっと……私ね……