無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

#



















みくる
みくる
はぐれたの?
みくる
みくる
うーん、とりあえず、交番!
エミリ
エミリ
。゚( ゚இωஇ゚)゚。
みくる
みくる
いつまでも泣いてないでよ
私が泣かしたって思うでしょ
みくる
みくる
ほら、さっさといくわよ!
エミリ
エミリ
……(;_;)
エミリ
エミリ
……うん!ヽ(*´∀`)ノ









交番┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










みくる
みくる
ここで……あってるわよね……






『エミリ!!!』



















ん……?

















この声……?

















まさか。




















エミリ
エミリ
おにぃちゃぁん!!
時
よかった……
時
うちの妹がご迷惑おかけ……
時
って
時
え?













みくる?
国畑君?
















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






みくる
みくる
ふーん、まさかエミリが国畑君の妹だとはね
時
ごめん、ちゃんと見てたつもりなんだけど……
すぐどっかいって……
みくる
みくる
時
え、これ












みくるが渡したのは、水の入ったペットボトル
















時から、汗がひたたり落ちる













妹とはぐれ、町内を走り回ったのだろう



















みくる
みくる
あんたのわりには
みくる
みくる
かっこいいお兄ちゃんじゃない☺︎
みくる
みくる
見直した!














みくるはニカッと時に向かって微笑んだ





















ドキッッッ……
















時
……/////
時
みくる……
時
俺……