無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第80話

#








ー 好き……大好きなの……










ー 私なら何でもしてあげる……!!


お金だっていっぱいある……!!


あんたの横にいるようなやつがタイプなら、




そんな人になれるよう、努力する……!!





この性格だって直してみせる……!!




ッッッだから……











ー だから……







ー 嫌いにならないで……














┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


















ー こんなにも、こんなにもおまえは俺の事を思っててくれてた……










なのに俺は…… ー













































陽太
陽太
俺を好きになってくれて、ありがとう……










ポロッッッ……


















そのときみくるからいってきの涙が流れ落ちた






































なんで、なんで私気づかなかったんだろう……















何も分かってなかった……








なのに、冷たい態度とって何やってんだろ……










































みくる
みくる
ゆるす、ゆるすわ、だからッッッ……
陽太
陽太
俺は、自分をゆるせない
みくる
みくる
陽太なりに苦しんでいたんでしょう?
それだったら……
陽太
陽太
はッ……笑
みくる
みくる
……?
陽太
陽太
ほんっと優しーよなお前……全然変わってない……








┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈














ー 『あんたこんな所つったてたら、先生に怒られるわよ』













ー 『私が誘ったの。
見学つまんないから一緒に話しましょうって』












ー 『お前さ、本当はさ、俺を傷つけまいと言わなかったんだろ』












ー 『みくるはこのことを陽太に言って傷つけまいと言わなかったんだ』














ー 『じゃあ、交番までいきましょ!
ほら!いくわよ!!』

















『勘違いしないで。あっちが勝手に言ってるだけでしょ』














┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





































陽太
陽太
ほんとすげーよな、お前なんで、そんな優しくできるんだよ
みくる
みくる
優しくなんて、ない……!
私こそごめんなさい。気づけなかった…
なのに私あんな態度とって……
陽太
陽太
なんでお前があやまんだよ、笑
陽太
陽太
あー、でもふっきれた。もう忘れていいよ










あの……















あの時からだ……













┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










『俺の前から消えろよ………!』









みくる
みくる
ポロボロ……うっ…ぅぅ……













みゆ
みゆ
陽ちゃん!、一緒に行こ!
陽太
陽太
…………
みくる
みくる
…………ッ
陽太
陽太
……ああ……












みくる
みくる
…………












陽太
陽太
ごめッッッ……
みくる
みくる
!!
陽太
陽太
いや、なんでもねぇ……
みくる
みくる
……ッッッ!!
陽太
陽太
前なんで泣いて……
みくる
みくる
アンタには関係ないッッッ!!
陽太
陽太
……ッ!そうかよ……!!
みくる
みくる
…………













みくる
みくる
‧º·(ฅдฅ。)‧º·.ぅっく…ゔゔ…





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈















ずっと……








ずっと……










13年間 ー





































陽太
陽太
今までずっとごめんな








悲しそうにニカッと陽太は笑った