無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第77話

#












……



母
……
みくる
みくる
……そんなことが……あったのね……

















ー ナナコ、そんなこと言っていたのね……






















みくる
みくる
わたしも……  ー






母
……?
みくる
みくる
私も悪かったのよね……心配かけて…







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





ー 『みくる!生まれてきてくれてありがとう……』



ー 『みくる、これだけは忘れないで。人も想いやる気持ちよ。あなたにはそんな人になって欲しいな…』






ー 『みくる、大好き……』








┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




















ー 『愛されることを優先されすぎて、叱ることを忘れていだけなんです』










そうだったのね……














本当は……











誰よりも大切にしていてくれたのね…… ー




























みくる
みくる
大切に育ててくれて……
母
……!
みくる
みくる
ありがとう……☺︎
母
みくる……(৹ᵒ̴̶̷᷄﹏ᵒ̴̶̷᷅৹)
みくる
みくる







みくるは母の小指を自分の小指に結ばせる












みくる
みくる
仲直りね(///_///)
母
……ええ!








そのとき母は涙ぐみ、思いっきり微笑えんでいた










みくる
みくる
でさ、連絡先聞いてくれた……?
母
あ。忘れちゃった……
みくる
みくる
え!じゃあ、住所は?!
母
紙に書いてあったんだけど、帰る途中で無くしちゃって……
みくる
みくる
うそ……なにしてんのよ!ママ!
母
ご、ごめんなさぁい(´>∀<`)ゝ💧
みくる
みくる
もう知らない!
母
え!!みくる仲直りよね!みくるぅぅー!!