無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

#
 

















ふわさぁぁあ……





























みくる
みくる
んー





















みくるは満開の桜の下で大きく伸びをする















卒業式が終わり、少し学校を抜け、息抜きしに来たのだった
































ー 綺麗……


















陽太
陽太
おい










みくる
みくる
!陽太なんできたの
陽太
陽太
息抜き
陽太
陽太
あそこ、人ばっかで暑苦しい
みくる
みくる
そぅ……
陽太
陽太
……
陽太
陽太
なんかみくる変わったな……
みくる
みくる
え!どこ?どこら辺が!!
陽太
陽太
い、色々だよ
みくる
みくる
……これ以上素直になれなくなるのはいやなのに……
陽太
陽太
…………













陽太
陽太
そうじゃなくてッ……
みくる
みくる















陽太は再度、みくるを見つめる



















長く揺れるサラサラな髪、

















大人っぽく、白い肌












昔から、まつ毛が長く大きな瞳が自分を見つめる































陽太
陽太
……綺麗……










みくる
みくる
…………(   ˙-˙   )
 






みくる
みくる
へッッッ/////!?
陽太
陽太
( ºロº)ハッ
陽太
陽太
ッッッ///(なに言ってんだよ……/////)

















みくる
みくる
……期待していいの……?/////


























陽太
陽太
ーッッッ/////……









クラスメイト
おーい!!ようたぁぁぁあー!!













ビクッッッ


















陽太
陽太
……
みくる
みくる
(ꐦ°᷄д°᷅)
陽太
陽太
なんだよその顔
みくる
みくる
アンタの真似
陽太
陽太
けっ