無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

#







































みくる
みくる
エミリ
エミリ
おにぃちゃーん!!!
はやくかえろぉー!!
時
ビクッッッ
時
あ、ああ……
みくる
みくる
ニコッ 話の続き、また教えてね
時
……/////
























ー いつか伝えよう…… ー





















ー この……



























抑えきれない想いを…… ー



















エミリ
エミリ
じゃーね!!おねえちゃん!!
みくる
みくる
エミリ、またね☺︎
時
送ってかなくて、大丈夫?
みくる
みくる
大丈夫
時
それ、重そうだけど?
みくる
みくる
大丈夫!












重たいビニール袋を3つもって、
ヨロヨロと、向こうに走っていく















エミリ
エミリ
ばかだねぇ、お兄ちゃん
エミリ
エミリ
あーいうとこは、『送ってかなくて大丈夫?』じゃなくて、『送ってくよ』だよ
時
……そういうもんかな……


















みくるあんな状態で、スーパーから遠い交番まで、歩いてきてくれたのか……










ー 『んしょ、んしょ、』












時
ッッー/////
時
ぁあ、もう……


























どんだけ好きにならせんの……///// ー