無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

#


























みくる
みくる
遅れてすみません……

















みくるの突然の現れに現場中がザワザワする



























📷『と、とりあえず、もう10秒もないから準備急いで!!』


























stuff 『はい!!💦』















みくるの髪を整えたり、マイクを付けたり、
キッチンを再度準備する


















📷 『3秒前ー!さん、にぃ、いち、!』



























それを合図に、司会者が喋り出した





























👨‍💼 『さあて、今週もやって参りました
料理コンテストです!
今日のゲストはこちら!!』

























そして、みくるたち総勢15人が映し出される













くるみ
くるみ
あっ!ほらみて!うつったよ!みくる!ほらぁ!
創
わ、わかったから痛い……













そして、一人一人自己紹介していく


















時ママ
時ママ
精一杯がんばります( ^ω^)❤︎













👨‍💼 『美少女シングルマザーの国畑さん!
初挑戦ですが、がんばれ!!』



































👨‍💼 『そして、最年少で初挑戦!
女子高生で、このコンテストにいど む……』





















『有栖川 みくるさんです!』











みくる
みくる
極上🥓🥩🍗🍖に勝つわ










👨‍💼 『??💧とにかく、ひらひらワンピが印象的ですね!』





















みくるは、小学生の時と全く同じのワンピとカチューシャだった

























だが、雰囲気はあいかわらず今のみくると変わらず、大人っぽい綺麗な顔立ちだ














小学生のころの童顔とは一風違っていた


































くるみ
くるみ
懐かしいと思ったら、あれ小学生のころのみくるの服装だよね
時
ポー/////(かわいい……)
くるみ
くるみ
なんで、みくるわざわざ、あの服装にしたんだろ、(  ・᷄ὢ・᷅  )



















👨‍💼 『そしてぇぇぇぇえええ!!!!
毎回おなじみ、絶対的王者のぉぉぉお。























👨‍💼 『未知内 ゆみこさんでぇぁぁぁすぅヴ!!』













弓子
弓子
はーい、よろしくお願いしますヽ(*´∀`)ノ















弓子は、美人顔で妻らしく横で三つ編みをしている、優しそうな女性だった





























👩‍👩‍👧参加者

『ちっ、何あの人、美人だからって調子乗ってさ』





『あの、高校生も無駄に目立ってない?
メインは主婦なのにさ、顔だけでしょ、絶対』















みくる
みくる
ちっ。
(影でうるさいわね……)
時ママ
時ママ
ねえ
みくる
みくる
あ、あなた忘れてた
時ママ
時ママ
……💧💢
時ママ
時ママ
頑張りましょ
時ママ
時ママ
ま、どうせ私が勝つけど
みくる
みくる
うるさいわね、私に決まってるでしょ


















バチバチバチ……🔥🔥🔥



























👨‍💼 『なにやら、あそこで燃えているようですが、料理コンテスト、はじめ!!』