無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

124
2021/02/20

第4話

お仕事
その後…
五条悟
…響さんは、他の仕事とかでも忙しいから、週2〜3ぐらいしか来れないんだって!
音咲響
カキカキ…『中々来れなくてすいません』
釘崎野薔薇
大丈夫ですっ!
その代わり、来た時は沢山お話しましょっ!
虎杖悠仁
そーだな!
音咲響
カキカキカキ『ありがとうございます!』
……………………………………………………
音咲響
『私、これから仕事あるんで!失礼します。』
五条悟
頑張ってね〜
音咲響
(ペコリ
音咲響
(タッタッタッ…
五条悟
と、言う事で。
みんな
…後をつけようっ!
……………………………………………………

何も知らない響さん…
音咲響
(…?)
なんか嫌な予感。
音咲響
(ま、いっか)
音咲響
(スタスタ…
今日は、近くの市役所でのコンサート。

どれくらいの人が見に来てくれるかな…
そう思いながら市役所に入っていく。
音咲響
(…って、凄い人!)
100人ぐらい居そう!
モブ
…あ!HIBIKIさんが来たぞ!
モブ
え!?まじ!
私が入ってきた途端に辺りが騒めく。
HIBIKI
(ペコペコ
顔を特級呪術師の響から、ピアニストのHIBIKIにしながら、お辞儀をする。
マネージャー
HIBIKIさん!
演奏5分前です!
準備を宜しくお願いします!
HIBIKI
『了解です!』
……………………………………………………

後をつけている人たち…w
五条悟
お、はじまるみたいだよ!
虎杖悠仁
俺、生で聴いたことないから楽しみだな〜
釘崎野薔薇
ねぇ!もうちょっと近くで見ない?
伏黒恵
!…それは流石にバレるだろ。
五条悟
平気だよ!響さんはピアノ弾いてるわけだし!
釘崎野薔薇
そうよそうよ!
伏黒恵
…バレても知りませんよ。
……………………………………………………

留守番組w
禪院真希
…なんで2年だけが1年とクソ教師に負けるんだ。
パンダ
ただのじゃんけんだろ?
狗巻棘
しゃけ!…おかか…(確かに。でも見に行きたかった。)
禪院真希
だろ?
……………………………………………………
HIBIKI
『みなさん!こんにちは。HIBIKIです!』
HIBIKI
『今日は集まっていただきありがとうございます』
HIBIKI
『今日は目一杯楽しんでください!』
パチパチパチパチ
よし、やるぞ!
HIBIKI
…スウッ
♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬〜

まずは連打。

意外と簡単だけど…
HIBIKI
(意外と体力いる…)
さらに、左手でメロディーを奏でる。

♩♫♩♩♫〜

この曲は開幕でいつも弾くから慣れている。

でも、人が多い!!!
HIBIKI
(緊張するなぁ)
……………………………………………………

近くに来た、後をつけた人たち…
虎杖悠仁
おおおっ!きたきた!
釘崎野薔薇
やっぱプロね。
伏黒恵
……!
……………………………………………………
HIBIKI
(楽しいな〜)
♩♩♫♩♬〜

ピアノの上で高速で動かす指を見ながら思う。

コンサートも終盤に入ってきていた。

最後の曲は力を入れる。


そして。
HIBIKI
(バレバレですよ。)
鍵盤の上に指を滑らせながら振り向く。
五条悟
!?
HIBIKI
(五条先生!)
HIBIKI
…(ニヤッ
伏黒恵
…バレましたよ。
五条悟
あちゃ〜
……………………………………………………
音咲響
カキカキカキッ『来てたなら言ってください!』
五条悟
…スイマセンデシタ
釘崎野薔薇
プッ怒られてやんのwww
虎杖悠仁
…でも、超上手かった!
伏黒恵
…正直馬鹿にしてました。
音咲響
…チッ(睨む
伏黒恵
…!?
五条悟
こ、怖っ
音咲響
…?カキカキ…『なんのことですか?』







少し、響さんの本性が見えた…?

                 続く…