無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

203
2020/07/30

第5話

ゆるゆる出社3
そして就業開始時間である10分前にこの会社の副社長である黒村久美が走ってやってきた。
桃瀬空花
クミさん、おはようございます
黒村久美
おはよう、寝坊した
赤木知成
クミっ!
遅刻ギリギリだよ!
黒村久美
ごめん
黄形篤生
でも、クミさんが寝坊なんて珍しいですね
黄形篤生
何かあったんですか?
黒村久美
SAOのアニメずっと見てた
黄形篤生
なるほど
水田和斗弥
クミさん本当にSAOが好きなんやね
同期全員が出社し、就業時間5分前に同期を含む全社員をフロアに集めて簡単な朝礼を始めた。
赤木知成
では、みんな
本日も無理せず1日頑張っていきましょう〜!
社長の言葉を聞いた全社員が "はい"と大きな返事をして、それぞれの持ち場へと戻っていった。
それから間もなくして就業時間が始まった。