無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
137
2021/02/01

第13話

リモート会議2
そして5分後。
水田も無事に設定が完了し、リモート会議に参加した。





最初は8人ともこのコロナ禍における経営戦略などについて真剣に会議を始めた。
そして休憩をちょくちょく挟みながら会議をして約3時間後。





経営の話はひと段落したのかだんだんとコロナ禍の話へと向かっていった。
水田和斗弥
ねぇ、コロナはいつになったら収まると?
赤木知成
そればっかりは分からないね
桃瀬空花
今、首都1都3県をはじめとして大阪、兵庫、京都の3府県のほか、愛知と岐阜、それに福岡、栃木の合わせて7府県に2回目の緊急事態宣言が出てるけど1回目よりも確実に慣れていることは確かよね
黄形篤生
そうですね
それと1回目の時よりも人の流れは増えているのが現状ですよね
赤木知成
確かにそうだね
それよりみんなは休みの日とか何してるの?
黄形篤生
自分は謎解きゲームにハマっててリスナーさんと一緒に遊んでいます
青野愛久
自分もゲームですね
緑城鳥武
俺も一緒
桃瀬空花
私は絵を描いてるわ
緑城鳥武
あ、それTwitterで言ってましたよね
桃瀬空花
そうそう
橙藤阿楪未
私はドライブかな
赤木知成
あー、ちゃみんっぽいね
黒村久美
私はFF
水田和斗弥
クミさん本当にFF14好きやね
SAOは最近やってないとー?
黒村久美
やってない
水田和斗弥
そうなんや
黄形篤生
watoさんは?
水田和斗弥
俺は第五人格やね
赤木知成
本当、watoさん好きだね〜
その後も会話は途切れることなく、リモート会議はしばらく続いていた。