無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

211
2018/03/28

第19話

泣かなくていいんだよ S.K
「ただいまー」
「ただいま」
「おかえり」
「おかえりなさーい」
「なんだよー、おせーじゃん」
「ごめんごめん、バッティングセンター行ってた」
その一言でまっすーは言ったんだなと思った。
最近まっすーは何かあるとバッティングセンターに行く
「まっすー泣いただろ」
「⁉︎」
「目が赤い」
「まっすー意外と涙もろいもんねぇ」
「小山っ!てかシゲ!マジで赤い?」
「うん」
「さくらどこにいんの?」
「なんか部屋行った」
「まっすー、言ったんだろ?」
「うん、言った」
「だからかな?」
「ヘーキかな?」


それからずっとさくらは部屋にこもっていた。
「おーい、さくら?もうご飯できるよ」
「…」
「じゃあ、冷蔵庫ん中入れとくわ。お腹空いたらあっためて食べな」
「…うん、ありがと」
「お前は泣かなくていいんだよ。心配することないから」
「シゲ?」
「みんな気持ちは一緒だと思うんだ。NEWSをなくしたくないっていうキモチは」
「…まっすーも言ってた」
「NEWS残そうって言ってくれる人もいるから。俺らが諦めなかったら平気。ファンの子達が待ってるから、頑張らないとな」
「ごはん、あとで食べる」
「ん」
「…ありがと」