無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

誕生日
さ「…‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎」
な「どしたの?すっごい顔だけど」
さ「奈緒、これ日程読んでくれない?」
な「えっ?なにそれ?えーっと7月4日から7月11日まで」
さ「シゲと貴の誕生日なんだけど、かぶってる」
な「そっか、パーティーとかやる予定だったの?」
さ「うん、てかさ、この学校夏休み早くない?」
な「そーなの?」
さ「うーん私もわかんないけど京都はそうだった」
な「んーじゃあ早いのかな」
さ「わかんないけど多分」
な「で、誕生日?」
さ「うん…。慶と祐と計画してたの」
な「じゃあ今日祐也に相談してみたら」
さ「そうしましょ」

さ「祐!ちょっときて」
ゆ「ん?なに?」
さ「えっと、あー、シゲと貴の誕生日さパーティー計画してたじゃん?あれさ合宿と被っちゃった」
ゆ「じゃあ日にち変えればいいじゃん」
さ「いや違うの、パーティーの日じゃなくて、ぴったり貴の誕生日からシゲの誕生日まで合宿なの。見事にかぶってんのよ」
ゆ「まじか、まあパーティーは後日ということでいいっすかね」
さ「そね」