無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

210
2018/03/01

第12話

合宿
な「まって、ハアもう無理ッ!!ハアボール見たくないハア」
さ「何へばってんの笑ヨユーでしょ、こんくらい」
な「桜は強いしスタミナあるからそんなこと言えるんだよ」
さ「奈緒だって、ちょーっと休憩したらすぐ息戻るじゃん」
な「うぅー」
さ「はやくやろ‼︎1on1で」
な「やだーっ!!さくらと1on1はやだー!殺されるぅ!」
先輩「やかましいっ!静かにできないんだったら出て行って」
さ「えぇー、私も?」
先輩「元はと言えばさくらが原因でしょう。さあどっちにすんのこっからつまみ出すか静かにするか」
もうどっちを選ぶか分かってての質問
さ「スミマセンでした。静かにします」
な「おっ、もう時間だ」
先輩「はーい、終ー了。着替えたかったらはやく着替えて海に来て。着替えるっつても水着じゃないからね」

さ「嘘、なにこれ」
先輩「初めてだからわからないか」
な「はい、わかりません」
先輩「浜を走るの。それだけ、多分できるよ」
さ「えっ」
先輩「ほら、やって?走るだけだから」
さ「えー?」
よーいパンッ!!
なにこれ?足が動かないんですけど!!重い!足が
さ「これキツい…って!おい‼︎奈緒なにそのカッコウ」
な「こけた」
さ「真顔で言うな」
先輩「バスケクラブのスタミナはこうやって作られてんのよ」
さ「スゴイっすわ」
先輩「でしょ?」
な「はいっ!」