無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

水着
さ「ん?合宿?」
な「そう、この前さくら熱出て休んでた日に知らされて」
さ「どこでやんの?てかいつ?」
な「はいこれ資料、夏休みに海の近くのコテージに泊まってやるんだって」
さ「へぇ」
ゆ「いいね合宿」
さ「あっ祐か」
ゆ「なんだよ祐かって、海の近くってことはやっぱり入んの?
さ「入るって?」
ゆ「海、海!!」
な「自由時間に入っていいって」
ゆ「いいなー、海」
さ「そっか、学校でプールもあるから水着買ってもらお!」
な「いいね!一緒に買いいこうよ!!」
さ「いいね!」
〜次の日〜
さ「奈緒〜どうだった?」
な「OKだった!土曜日でいい?バスケ休みだったよね?」
さ「OK、休みだった」
な「ショッピングモールでいいでしょ?」
さ「ん、じゃあ」
な「バーイバーイ」

〜土曜日〜
さ「おまたせ」
な「ヘーキ」
さ「行こっ!」
さマ「元気でいいわねえ」
奈緒ママ以下なマ「そうですね」

さ「これ可愛いかな?」
な「あー!可愛い❤️」
なマ「さくらちゃんかわいいからそういうの似合うね」
さくらが持ってるのはピンクの花柄のワンピースの水着だ
さマ「奈緒ちゃん、こんなのは?奈緒ちゃん髪くらいから黒白ボーダーでさ」
な「かわいい!」
なマ「じゃ、お会計行きましょ」