無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

バスケやんない?
石田奈緒以下な「あっあのさぁ、えっと…」
さ「ん?なに?」
な「あのさ、一緒にバスケやんない?」
さ「えっ?」
な「あのね人が足りなくてさくらちゃん運動神経いいから入ってくれたら嬉しいな、えへへ」
さ「バスケかあ」
な「うん、さくらちゃん背も高いし」
いいと思ってというのは自信がないのかしりすぼみになっていた。
さ「いいね!!たのしそう!!お母さんに聞いてみるよ!!」
こういう時は明るく!!そしたら…
な「ホント⁉︎ありがとう」
ね?相手も元気になるでしょう


ゆ「あらー、さくらがオンナノコと喋ってるよ」
シ「あれ?いつもいる〜名前なんだっけ?すずなんとかじゃないじゃん」
ゆ「すずかと美咲と奏だよ、いい加減人の名前覚えろよな」
シ「そうそうその人たち、あれは…えっと?」
ゆ「奈緒だよ。まあ奈緒はクラス違うから名前知らなくても大目に見てやるわ。」
シ「サンキュ、なんで2組のやつがいんの?名前のことだけどお前が知り過ぎなだけだと思うぞ、俺は」
ゆ「さーね。」
と、さくらがこっちに気がついた。
さ「どしたの?」
ゆ「いやー?珍しい人と話してんなって」
さ「奈緒ちゃん!バスケやらないかって」
シ「いいんじゃね?バスケ」
さ「シゲもそー思う?」
シ「おう」
な「えっと、もうそろそろ授業始まるから、」
さ「うん!!じゃーねー」
な「聞いといてね!!」
さ「うん」
ゆ「バスケか、いいじゃん。なんか似合うわ笑笑」
さ「ホント⁉︎やった」

さ「ただいまー、お母さんちょっと話があるんだけど」
さマ「なにー?ちょっと待って。ご飯炊いてるから〜」
さ「オッケー」
さマ「はい、終わった。で?話ってなに?」
さ「あのさ、今日友達に一緒にバスケやんないかって言われたんだけどね」
さマ「いいんじゃない?さくらはやりたいんでしょ?」
さ「うん、いいの?」
さマ「さくらがやりたいことをどうしてやるなって言わなきゃいけないのよ」
さ「じゃあ明日いいっていうね」
さマ「そうしな」