無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

358
2018/02/15

第3話

そろそろ
〜一ヶ月後〜
け「ちょっと来て、
シ「なに?」
ゆ「なになに?告白?好きなひとできた〜?」
た「バカッ」
貴の拳が脳天に容赦なく振り下ろされる
ゆ「いってェッ、そこまでしなくていいだろ?」
た「祐はくだらないこと言い過ぎ」
ゆ「でもッ!!」
喧嘩が起きそうなった時、
け「ちょっといいかな」
た「あっ、」
ゆ「ごめん」
シ「で話ってなに?」
け「あのさぁ、さくらって学校でも俺たちと遊んでる時とおんなじ感じ?」
ゆ「?そうだと思うけど」
け「誰といる?」
シ「1人か俺らといるかな?なあ、祐」
ゆ「うん」
け「でさあ、」

昼休み
さ「なあに?話って」
け「この前シゲとかとも話したんだけど、」
さ「?」
け「そろそろさあ、さくらも女の子の友達作ったほうがいいと思うよ」
さ「え?」