無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

屋上
 いろいろと授業は終わり,昼休みnow。朝約束した通り,屋上にやってきた。それぞれお昼ご飯を持って集まった。
米屋
米屋
ヒュー天気いいな〜
鳥羽
鳥羽
ねー
三輪
三輪
(´-`).。oO
 秀次が立ちながら寝ようとしている。
米屋
米屋
さぁーって、飯にしようぜ
 いやいや,寝ようとしてる秀次は無視ですか?
三輪
三輪
モグモグ(-_-)
 食べるの早っ!∑(゚Д゚) 
米屋
米屋
あなたは食わねーの?
鳥羽
鳥羽
…いただきます
 いろいろと突っ込みたいが,まずはご飯を食べないとね。
米屋
米屋
あー弾バカも今頃は,バトってるんだろうなぁ
鳥羽
鳥羽
羨ましいの?
米屋
米屋
そりゃぁ,ねー
鳥羽
鳥羽
フーン
三輪
三輪
…お前は散々,個人ランク戦をしているだろう
米屋
米屋
個人でも,満たされないモンもあるの〜
三輪
三輪
そうか
米屋
米屋
てかさ,あなたはいつバトってくれんの?
鳥羽
鳥羽
えー,いつだろ
米屋
米屋
暇なら放課後バトろうぜ
鳥羽
鳥羽
うん,いいよ
米屋
米屋
しゃっぁぁぁ!!
鳥羽
鳥羽
(゚ω゚)そんなにか
三輪
三輪
…珍しいな。あなたが個人ランク戦なんて
鳥羽
鳥羽
気まぐれかな?
 秀次がこういうのも,私は最近個人ランク戦に顔を出していない。特に理由はないけど、そろそろ腕が鈍ってくるからね。
三輪
三輪
…なら俺ともs…
鳥羽
鳥羽
あぶなっ
 秀次が何かを言いかけて倒れ込んだ。既のところで受け止める。
米屋
米屋
あちゃー秀次にも限界がきたか
鳥羽
鳥羽
限界って…
米屋
米屋
なぁあなた。次の授業なんだっけ
鳥羽
鳥羽
えっ,次は確か…英語?
米屋
米屋
じゃあ大丈夫だな
 よねやんはそういうと,フェンス越しに座り寝ようとしている。
鳥羽
鳥羽
ちょっと,授業サボるの⁉︎
米屋
米屋
秀次がそんな風になってるしな
鳥羽
鳥羽
いやいや秀次はともかく…それに,いずみん用のノートも録らないといけないのに
米屋
米屋
弾バカのはどうだってなるだろ
鳥羽
鳥羽
あのねぇ…
米屋
米屋
まぁあなたは,秀次に膝枕でもして休ませてやれよ
鳥羽
鳥羽
ひざッ,膝枕⁉︎
米屋
米屋
前もそうしてただろ
鳥羽
鳥羽
ぐぬぬ……
米屋
米屋
じゃ,あと宜しく👍
 よねやんはそういうと寝てしまった。仕方なく秀次を横たわらせ自分の膝の上に頭を乗せる。秀次の目の下には隈がくっきりとある。

 私は、秀次にこの事をどう説明しようか悩んでいた。