無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

午後の仕事
 今日の学校はいつもと違かった。朝登校する時に秀次とよねやんに会わなかったし,学校にも来なかった。

 午前の授業が終わり,屋上でお昼を食べることに。
鳥羽
鳥羽
全く,2人は何してるんだか……
 何も連絡がないと少し不安になる。不満をぶつけながらお昼を食べているとスマホが鳴った。
鳥羽
鳥羽
はーい
忍田さん
忍田さん
あなた,今いいかい?
鳥羽
鳥羽
はい,どうしました?
忍田さん
忍田さん
今日の午後から小型トリオン兵の一斉駆除作戦が実施される
鳥羽
鳥羽
はい
忍田さん
忍田さん
あなたはそのまま現場に向かって欲しい
鳥羽
鳥羽
はーい了解しました
忍田さん
忍田さん
すまないね
鳥羽
鳥羽
いえ,ちょーど暇してたので
忍田さん
忍田さん
そうか,では頼むぞ
鳥羽
鳥羽
了解
 小型トリオン兵か。探すの大変そう。
鳥羽
鳥羽
トリガーON
トリオン体
戦闘体生成 実体を戦闘体へ換装 トリガー起動完了
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
さぁーって,仕事しますか
 屋上から飛び降り,現場へと向かった。