無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

実力派エリート
 迅さんとランク戦をした後,スポドリを奢って貰い2人で椅子に腰掛ける。
迅
あなたがランク戦に参加するなんて久しぶりだな
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
そういう迅さんも実力派エリートだからってランク戦に参加してないみたいじゃないですか
迅
駿から聞いたんだな
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
寂しがってましたよ
迅
まぁ実際に忙しいのには変わりないからなぁ
 チラリと迅さんを見るとだいぶ疲れている様子。また大きな未来でも見たのだろうか。
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
また何か見えるんですか?
迅
…割と近々面白い奴と出会うことになる
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
面白い?それが何かあるんですか?
迅
今までにないくらい面白いことになる
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
へぇ……
 迅さんが冗談で言ってないことはわかったけど,いまいち理解できなかった。
迅
近々あなたの力を貸してもらうときが来るからその時は頼むな
 サングラスをかけた迅さんとサングラス越しに目が合い,不覚にもドキッとする。
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
もちろんです
迅
頼もしいなぁ
鳥羽トリオン体
鳥羽トリオン体
わっ
 迅さんに急に頭を激しく撫でられる。この人はなかなか掴めない。