無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

愛されるマネちゃん①
侑
あー、あっつ。
(なまえ)
あなた
侑、はい!ドリンク
侑
ありがとなぁ、ほんと気が利くええこやなぁ
(なまえ)
あなた
ほんと?!ちゃんと役に立ててる?!嬉しい、ありがとう!
侑
おん、だから、今度、、、
角名
角名
はーい、俺の彼女にナンパはやめてくださーい。
(なまえ)
あなた
あ!りんくん!お疲れ様。はい、ドリンク!
角名
角名
ん。ありがとう。大丈夫?また、侑に変なこと言われなかった?
(なまえ)
あなた
え?変なこと?言われてないよ?
角名
角名
はぁーー…ほんと目が離せないよ、あなたって誰かにひょいひょいついて行きそうだし
(あ、フラグ。)
(なまえ)
あなた
そんなことないよ~、馬鹿にしてるでしょ
治
あなた~~お腹空いたやろ、おにぎり食べるか?
(なまえ)
あなた
食べる!
侑
サム、何ニヤついとんねん!
角名
角名
はぁ、、、…
(なまえ)
あなた
めっちゃ美味しい!治、ありがとう~~
治
そうやろ~~
角名
角名
…あなた知らない人には絶対について行かないでね
(フラグ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じでお送りします(,,・ω・,,)