無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

いざ 烏野高校①
書けるキャラのみで失礼します!!
北信介
北信介
今日は宮城県の烏野高校と合同合宿やけど…
北信介
北信介
失礼のないように、、な?
北信介
北信介
…特に双子。
双子:ッはい!!
北信介
北信介
侑は挑発したらあかんで、?
侑
分かりました!
北信介
北信介
マネは働きすぎんようにな、ちゃんと水分取るんやで。休める時はちゃんと休み。
(なまえ)
あなた
信介くん、ありがとう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大地
大地
主将の澤村です。稲荷崎高校さんとこのような機会をいただけて光栄です。
北信介
北信介
こんにちわ、今日はよろしゅうなぁ。
と握手する2人は笑顔だがどこか怖い…
ピーーーー  その合図で試合が始まった。

練習試合といえど試合は試合。

両チームとも真剣だ。

影山
影山
日向、もっと飛べないのか?!
日向
日向
余裕だし!!飛べるし!
大地
大地
はーい、その辺にして集中しなさいねー
烏野の主将は北さんとはまた違うまとめ方をするなぁ。
(なまえ)
あなた
あ、いけない。ちゃんとスコア取っとかないと。
とドリンクを作ったり掃除したりと慌ただしくしているうちにお昼になった。









烏野のマネージャー2人ともお昼ご飯を作る時に仲良くなれて楽しくて私は自分の体調の変化に気づけなかった。
(なまえ)
あなた
…。
ドリンクを持っていく途中に視界が真っ暗になった。









足に力が入らない。
影山
影山
ッ大丈夫すか?!!
(なまえ)
あなた
…???
立てなくなった私の背中に咄嗟に手を回して支えてくれる。
影山
影山
ちょっと運びます!失礼します!
(なまえ)
あなた
わっ
その瞬間、私の体はふわっと持ち上げられた。



つまり、、、お姫様抱っこ状態である。
そのまま私は医務室に運ばれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
角名
角名
あれ?あなたは?
侑
…さっきまでおったんやけど。。
治
ドリンク持ってくる言うてへんかった?
日向
日向
影山見かけませんでしたか??
月島
月島
2人でいるんじゃないの??
角名
角名
ッ!!!
大地
大地
とりあえず、2人を探そう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

影山くんは、咄嗟の時は慌てるけど冷静にちゃんとするタイプだと思ってます(*^^*)