無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

いざ、烏野高校③
影山
影山
キ?!ききききききき
日向
日向
か、かげやま、お、まえ!
大地
大地
2人とも落ち着きなさい。
大地
大地
それと、稲荷崎の2人も落ち着いて、な。多分誤解だから。
大地
大地
影山はあなたにキスしてたのか?
影山
影山
そ、んなのするわけないじゃないっすか!
(なまえ)
あなた
…???
(なまえ)
あなた
ここは?
角名
角名
あなた大丈夫?
(なまえ)
あなた
、あ!影山くんありがとう!
侑
え?
(なまえ)
あなた
影山くんが助けてくれたんだよ
影山
影山
あなたさんが倒れそうだったんで俺が運んだっす。
角名
角名
はぁ…。
侑
飛雄くんが、んなことするわけないって思ってたけど焦ったわ…ありがとな。
角名
角名
てか、あなた大丈夫なの?
(なまえ)
あなた
うん、もう大丈夫だよ!
角名
角名
なんで、言わないの…
大地
大地
…、、じゃああなたも大丈夫そうだし俺たちはそろそろ戻るか。
角名
角名
侑も練習に戻りな?
侑
はぁ…はいはい。
角名
角名
……で、なんで俺に早く言わなかったの?
(なまえ)
あなた
そ、れは。
角名
角名
そんなに俺って頼りないの?
(なまえ)
あなた
そんなこと。
角名
角名
はぁ…。俺よりも影山に頼るんだね。
角名
角名
…ちょっと頭を冷やしてくる。
(なまえ)
あなた
ちょっと、待ってよ!!りんくん!