無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

第3章 最終話
(なまえ)
あなた
…え?
気づくとベットにはキャミ姿の私と上半身半裸の治くんがいた。
(なまえ)
あなた
…嘘でしょ?
治
…もう起きたん?おはよーさん
(なまえ)
あなた
治くん…あの、昨日の夜って…
治
あー…、どうやったと思う?
(なまえ)
あなた
?!
治
ふふ、あなたが心配するような事はなんにもしとらんよ
だから安心しぃ
(なまえ)
あなた
…///!!
治
だから…もうちょっとこのままでええ?
(なまえ)
あなた
お腹空かないの?
治
今は、あなたと一緒にいたいんや。
(なまえ)
あなた
…いいよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次に目を覚ました時は日も暮れた夕方だった。
(なまえ)
あなた
おにぎり…でよかった?
治
おん、やっぱりあなたの作るご飯は上手いなぁ
(なまえ)
あなた
なら、よかった!
治
俺な、将来おにぎり屋やろうと思ってんよ
治
だから、あなたに食べに来て欲しい
(なまえ)
あなた
素敵な夢だね、行くよ。必ず
治
約束やで?
(なまえ)
あなた
もちろん!
そういって私たちは指切りをした
治
じゃあまた、な
(なまえ)
あなた
うん!バイバイ
治
いい思い出できたわ
(なまえ)
あなた
私もだよ
治
また近いうちに会える気がするわ
(なまえ)
あなた
え、どゆこと、
とその答えを聞く前に帰ってしまった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1週間後
次であの店に行くのは最後か…
そしてまたあの店に私は足を進めた