無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

最終章⑧
いつもは、深く被られた帽子で顔がわかりづらかったがこの人は…
(なまえ)
あなた
赤葦くん??
赤葦
赤葦
はい、そうです。
(なまえ)
あなた
なんで、、?
赤葦
赤葦
あなたさんを助けるお手伝いがしたかったからです。
赤葦
赤葦
合宿の時、具合が悪くなった俺を助けてくれたでしょう。その恩返しがしたかったのです。
赤葦
赤葦
それにあなたさんに、何で助けてくれたのって聞いたら、「助けるのに理由なんてないよ。」って言ってくれて俺もあなたの力になりたいなと思ったんです
(なまえ)
あなた
ほんと、、私なんかのためにありがとう…
治
その、私“なんか”って言うのは禁止やで。
あなただからや。
赤葦
赤葦
…それでは最後に聞きます。
赤葦
赤葦
あなたさんが最後に選ぶのは誰ですか?
(なまえ)
あなた
私が、、選ぶのは…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


短くてすみません~😭次最終話になります!