無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

最終章 ⑤
(なまえ)
あなた
今日も寝れなかった。
(なまえ)
あなた
朝練、行かなきゃ。
と所々痛む体に鞭をうち学校へと向かう。











殴られるのはいつも服で隠れる場所だったからか誰にも気づかれなかった。










(なまえ)
あなた
…どうしよ、間に合わない。
急いで走ろうとしたがそんな体力私にはなかった。
(なまえ)
あなた
っはぁ。はぁ、すみません。遅れました。
北信介
北信介
5分、遅刻やな。
(なまえ)
あなた
すみません、気をつけます。
侑
お前、部活舐めとるん?
(なまえ)
あなた
え、
侑
時間は守らんし、仕事もとろいし
侑
お前、男目当てやろ。
侑
だったら今すぐやめろや。そんなマネいらんわ。
侑
…何とかいったらどうなん?
(なまえ)
あなた
…。
侑
何とか言えいうとんねん!
(なまえ)
あなた
っ、
そういって肩をどんっと押された。
侑
は、?
起き上がりたいのに体に力が入らない。












次に目覚めたのは保健室のベットだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みんな部活に本気だからこそキツくなる部分はありますよね(と言っても暴力はダメですが)
夢主ちゃんの家庭環境は誰もわかっていません。)









私の書いてるお話、どちらも読んでくださっている方ありがとうございます。
記憶喪失の話で被るところがあり申し訳ないです😭